Home Use Program Home Use Program
Office Professional Plus 2016

Office Professional Plus 2016

Microsoft Office 2016 があれば、場所にも時間にも左右されず、常に最高の仕事をすることができます。

付属品

Word
  • 使い慣れた Word プログラムを使って、すばやく簡単に文書を作成、編集、共有できます。
  • 変更履歴を記録でき、説明しているテキストの真横にコメントを追加したり、コメントへの返信も可能です。だれもが会話の流れをフォローし、テキスト、レイアウト、書式の変更内容を把握できるようになります。
  • これまで以上に時間が節約されます。デスクトップで PDF を Word から開き、 Word で作成した文書と同じように段落、リスト、表などの内容を編集できます。

Excel
  • データの構成を変更すると、データのパターンを Excel が学習、認識して、それ以降のデータを自動的に入力します。式やマクロは必要ありません。
  • 複雑な分析は、ユーザーの代わりに Excel が実行してくれます。また、ピボットテーブル オプションのプレビューによってデータが集約されるため、それらを比較して選択するだけで、分析内容を的確に伝えることができます。
  • データ パターンの提示に最適なチャートとグラフは Excel がお勧めしてくれます。すばやくプレビューして、アイデアを最も明確に表現できるオプションを選択してください。

PowerPoint
  • レーザー ポインターとペン ツールを使って大切なポイントで注意を促したり、強調したいポイントにズームインすることができます。タイマーもあるので、集中を保ちながら時間通りにプレゼンテーションを進めることができます。
  • 自動拡張機能により、2 つ目の画面にプレゼンテーションを投影する場合に、スライドが自動的に正しい画面に表示されます。設定や機器の複雑な操作は必要はありません。
  • スタイリッシュなプレゼンテーションの作成をクリック 1 つですぐに開始できます。デザイン テーマやテーマ バリエーションも、洗練された選択肢が豊富に揃っています。

Outlook
  • ナビゲーション バーを使ってコミュニケーションを加速させましょう。メール、予定表、連絡先、タスクには、ここからすばやくアクセスできます。必要な項目はすべて揃っています。
  • ウィンドウの位置を直したり、考えを中断したりすることなく、自分のスケジュール、予定、タスク、メール送信先の詳細を確認できます。
  • 検索機能が強化され、電子メール メッセージ、添付ファイル、予定、連絡先をさらにすばやく見つけることができるようになりました。そのため、必要な相手と必要なタイミングでコミュニケーションを開始できます。

OneNote
  • 同僚と共同で作業を進め、ノートブックを共有しながら表示、編集することができます。
  • 自宅でも会社でも、考えやアイデア、今後の予定を、OneNote を使ってすぐにまとめることができます。最近使った項目を表示すれば、すべてのノートをすばやく見つけられます。
  • Web クリップ機能を使えば、あらゆる Web ページを OneNote にクリップして、後で表示することができます。

Access
  • 開発者でなくても、カスタム アプリをスピーディに作成できます* (*Access Services が必要です)。
  • Access には今や、単なるデスクトップ データベース構築以上の機能が搭載されています。ビジネスの運営を支援するブラウザーベースのデータベース アプリケーションをすばやく作成できる、使いやすいツールです。
  • ビジネスの成長に合わせて拡張できる、使いやすいビジネス アプリを開発できます* (Access Services が必要です)。

Publisher
  • プロフェッショナルな効果 (柔らかい影、反射) と使いやすい OpenType 機能 (合字やスタイル代替字形) を、テキストや図形、写真に使用することができます。
  • 使い慣れた差し込み印刷ツールに写真とリンクを取り込み、ニュースレター、カード、電子メールをカスタマイズできます。
  • カスタマイズに必要な機能は、すべて 1 か所のリボンに集約されています。

Skype for Business
  • 相手のオンライン状況を確認して、Outlook で会議のスケジュールを設定し、Word や PowerPoint などのアプリから会話を開始できます。
  • プロフェッショナル レベルのミーティングや共同作業の機能は、すべて Office と連携します。
  • IM、音声/ビデオ通話、オンライン会議、共有など、コミュニケーションに必要なあらゆる機能が 1 つのアプリに集約されています。Skype for Business と Office の連携によって、Office アプリから直接簡単にコラボレーションを開始できます。

のシステム要件

コンピューターとプロセッサ

SSE2 命令セットを搭載した 1 ギガヘルツ (GHz) 以上の x86 ビット プロセッサまたは x64 ビット プロセッサ


メモリ

2 GB RAM


ハード ディスク

3.0 GB のディスク空き容量

ディスプレイ

1280 x 800 の画面解像度

グラフィック

グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 グラフィック カードが必要です。

オペレーティング システム

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows 10 Server、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2

最適にご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムを使用してください。

ブラウザー

最新または前バージョンの Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox、Microsoft Edge。

.Net バージョン

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0 または 4.5 CLR のインストールも必要です。

その他の要件

インターネット機能には、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、キーボード、マウスや、他の標準のアクセス可能な入力デバイスを使うと、すべての機能をいつでも利用できます。タッチ機能は、Windows 8、Windows 8.1、または Windows 10 での使用に合わせて最適化されています

製品機能およびグラフィックはシステム構成によって異なる場合があります。一部の機能には、追加のハードウェア、高機能なハードウェア、またはサーバーへの接続が必要です。