Home Use Program Home Use Program
Office Home and Business 2016 for Mac

Office Home and Business 2016 for Mac

Microsoft Office 2016 for Mac なら、いつでも、どこでも、最高の仕事をすることができます。最新バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook そして OneNote は、慣れ親しんだ Office の操作性と、Mac 向けに完成されたデザインが特徴です。

付属品

Word
  • 新しくなったオンライン テンプレート、デザイン メニュー、インサイト ウインドウを使って、高水準のドキュメントをすばやく作成できます。
  • Word for Mac で開いたドキュメントは、PC で作成したオリジナルと見た目が変わりません。Word for Mac でドキュメントを編集しても、内容やフォーマットは保持されます。
  • ビルトイン ツールでドキュメントをチーム内で共有、レビュー、共同編集すれば、作業効率が高まります。

Excel
  • 新しくなったオンライン テンプレート、推奨チャート、フォーミュラ ビルダー を使って、高水準のドキュメントをすばやく作成できます。
  • Excel はデータのビジュアル化からあいまいな部分をなくします:データに最適なチャートが表示され、異なるオプションでプレビューすることも可能です。
  • スプレッドシートに装備された最先端の分析ツールとビジュアル化ツールで、単なる数字が洞察力のあるデータに様変わりします。

PowerPoint
  • 最新のデザインとプレゼンテーション ツールで人の心をつかむプレゼンテーションを実現します。
  • 新しくなったタスク ウインドウのインターフェースは、画像のフォーマット、フォントの適用、アニメーションの作成などの複雑な作業を簡単にします。
  • プレゼンター ビュー はプレゼンテーションに自信を与えるツールです。現在のスライドと次のスライド、スピーカー ノート、タイマーが Mac 上に表示されますが、大画面に映し出されるのはプレゼンテーションのスライドだけです。

Outlook
  • 新しい Outlook for Mac はプッシュ メール機能に対応しているため、受信トレイは常に最新の状態に保たれます。  
  • スレッド ビュー機能によって受信トレイのメッセージがスレッドごとに自動的に整理されるので、関連するメッセージを探し回る必要はありません。
  • メッセージ プレビューでは、メールの最初の文が件名のすぐ下に表示されるため、今読むべきメッセージか、後回しでもよいメッセージかを瞬時に判断できます。

OneNote
  • アイデアを簡単に収集、整理、共有できるデジタル ノートブックです。 
  • ノートブックは同僚と簡単に共有できるので、誰とでも共同でプロジェクトを進めることができます。
  • 強力な検索エンジンが、タグ、インデックス、入力したノートを追跡し、必要な情報を簡単に見つけられるだけでなく、画像内のテキストや手書きによるノートも認識されます。

のシステム要件

コンピューターとプロセッサ

Intel プロセッサ搭載の Mac コンピューター


メモリ

4 GB RAM


ハード ディスク

6 GB のハード ディスク空き容量
HFS+ フォーマット (別称 Mac OS Extended または HFS Plus)


ディスプレイ

1280 x 800 の画面解像度

オペレーティング システム

Mac OS X バージョン 10.10

最適にご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムを使用してください。

ブラウザー

最新または前バージョンの Safari、Chrome、または Firefox。

その他の要件

インストールには、インターネット、ローカル エリア ネットワーク (ネットワーク経由でインストールする場合)、または DVD ドライブへの接続が必要です。

インターネット機能には、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

SharePoint サーバーに格納されているファイルにアクセスするには、Microsoft Office SharePoint Server 2007 以降と接続する必要があります。

Outlook で Exchange を利用するには、Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 以降、または一般法人向け Office 365 への接続が必要です。

共同編集機能には、SharePoint Server 2010 または Microsoft アカウントが必要です。

一部のオンライン機能には Microsoft アカウントが必要です。