Home Use Program Home Use Program
Project Professional 2016

Project Professional 2016

Project Professional 2016 なら、プロジェクトとリソース、チームの作業を常にまとめあげ、順調に進めていきます。プロジェクトの計画、進捗状況の確認、チーム メンバーとの共同作業が簡単で効率的になります。

付属品

Project
  • ツールを効果的に使用すれば、有益な情報をチーム全員で共有しながら、効率的な作業が可能になります。
  • Project Professional 2016 を使用すれば、プロジェクト レポートを美しくビジュアル化し、印刷することができます。チーム メンバーと進捗状況を有効に共有し、意見交換を行ってください。
  • Project Professional 2016 の新しい複数タイムライン表示で、あらゆる角度からプロジェクトを把握することができます。
  • ビジュアルの機能が強化されているため、重要点をすばやく見つけることができるほか、行動の優先順位をつけるのも簡単です。機能を常にブラウジングすることも可能です。
Project Professional

プロジェクトの方向性を維持管理

Microsoft Project Professional 2016 では、プロジェクト計画を容易に立てることができ、事実上どこからでも他のユーザーとコラボレーションを行うことができます。 Microsoft の他のアプリケーションやクラウド サービスとシームレスに連係するよう設計された唯一のプロジェクト管理システムである Project Professional 2016 では、情報の整理やプロジェクトの管理を的確に行えます。 Project Professional 2016 は、スタンドアロン製品として使用することや、サーバーに接続して使用することができ、 Project Server Client Access License (CAL) も付属しています。

のシステム要件

コンピューターとプロセッサ

SSE2 命令セットを搭載した 1 ギガヘルツ (GHz) 以上の x86 ビット プロセッサまたは x64 ビット プロセッサ


メモリ

2 GB RAM


ハード ディスク

3.0 GB のディスク空き容量

ディスプレイ

1280 x 800 の画面解像度

グラフィック

グラフィック ハードウェア アクセラレータには、DirectX 10 グラフィック カードが必要です。

オペレーティング システム

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 Service Pack 1、Windows 10 Server、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2

最適にご利用いただくために、最新バージョンのオペレーティング システムを使用してください。

ブラウザー

最新または前バージョンの Internet Explorer、Safari、Chrome、Firefox、Microsoft Edge。

.Net バージョン

.NET 3.5 が必要です。機能によっては、.NET 4.0 または 4.5 CLR のインストールも必要です。

その他の要件

インターネット機能には、インターネットへの接続が必要です。料金が発生する場合があります。

マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、キーボード、マウスや、他の標準のアクセス可能な入力デバイスを使うと、すべての機能をいつでも利用できます。タッチ機能は、Windows 8、Windows 8.1、または Windows 10 での使用に合わせて最適化されています

製品機能およびグラフィックはシステム構成によって異なる場合があります。一部の機能には、追加のハードウェア、高機能なハードウェア、またはサーバーへの接続が必要です。